ひざ下脱毛

ひざ下脱毛

ひざ下脱毛

 

ひざ下はそもそも、ほとんどムダ毛はありませんでした。
ところが、以前、ワキ用に抜くタイプの脱毛器を購入、面白がっていろんな部位のムダ毛を脱いていたら、ひざ下のムダ毛が黒々と太くなっていったのです。

 

ですから、その後ワキの脱毛を完了してすぐ、ひざ下の脱毛に取り掛かりました。
ワキと同様、美容外科でのレーザー脱毛です。

 

この点、前述したように、そもそも、ムダ毛が少ない部位であったので、目立つのは一部分でした。
看護士さんにはムダ毛は静脈に沿って生えると言われましたが、まさにそのような生え方でした。
ですが、太くなってしまっていたので、それなりに時間はかかりました。

 

思うに、あの時、面白がってムダ毛を抜かなければこのようにレーザー脱毛でお金を使うこともなかったはずです。
以後、自己処理は絶対にやってはいけないと思いました。
ですから、その後、ウブ毛ではあったけれどちょこちょこカミソリで剃っていたひじ下、顔もレーザー脱毛を行いました。

 

 

ひざ下の数本

 

そもそも、私は毛深いほうではありません。
ですが、脱毛をし始めると、どんどん気になってきました。
全身脱毛をする人の気持ちがよくわかります。

 

ひざ下は数本しか毛はないのですが、時折気になるので、その時は女性用のカミソリで剃っています。
そこでレーザー脱毛をするか、ニードル脱毛をするかで迷っているのです。
ニードル脱毛はたしかにお金がかかるのですが、ほんの数本なので、それほど長期に渡って通わなければいけないとも思えませんし、何よりニードル脱毛は永久性が高いのが魅力です。
ですが、とっつきやすいのはやはりレーザー脱毛です。
本数が少ないので、ワンショット打ってもらってもいいかなとも思いますし、そうであればとても安くつきます。
ただ、レーザー脱毛を何度も繰り返さなければならないとなると面倒です。

 

レーザー脱毛とニードル脱毛の両方を行っている美容外科が近くにあれば、カウンセリングの時にいろいろ尋ねることができるのですが、なかなか見当たりません。

全身脱毛なら脱毛ラボ⇒xn----efuvfoa0cw059adc9apx9a.com

クリニックとエステ

 

実は脱毛は医療です。医療行為であるからには医師による治療が必要です。設備を整えた美容クリニックであるとか美容外科医院で受ける治療が本来の脱毛になります。
それに対して、繁華街などで最近急速に店舗を増やし始めた脱毛エステは、専門の施術士を揃えていても正確には美容外科ではありませんから、そこで行われている脱毛は本来の脱毛治療ではないことになります。

 

それでは脱毛サロンでする脱毛には効果はないのかというと、そういうわけではありません。ただ、発毛には周毛期というものがありので、脱毛サロンで施術した脱毛箇所は周毛期と共に再び発毛状態になることになります。つまり、何度も繰り返して脱毛施術を受ける必要が伴うのが脱毛サロンで行われている脱毛です。

 

それに対して医療機関で行われている脱毛治療は、一度受けておけばほとんど半永久的に脱毛をしなくても済みます。無毛状態が永続するわけです。

 

両者の違いは、初期コストがクリニックの場合高く付くことです。トータル的なコストは、脱毛サロンで受ける回数によっては、むしろ高く付く場合もあります。

続きを読む≫ 2013/12/18 11:36:18